マスクメロンは高いけど、美味しい!

マスクメロンは高級果物として知られていますが、一個につきその価格は1万円以上と高価格帯です。
マスクメロン果物屋さん、八百屋さん、スーパーマーケットと、どこでも購入可能です。
マスクメロンの特徴としては、見た目に大きく重量もあります。最近ではハウス栽培という生産方法からも年間を通した市場への流通がみられます。
私たちはマスクメロンを買おうと思えば、いつでもどこでも手にいれることができるのです。
マスクメロンのカット果物はよくスーパーマーケットの小売りパック商品、仕出しのお弁当で食べることができます。
一個丸ごとマスクメロンを購入するとなれば、高級品扱い、贅沢品として扱われています。マスクメロンの味はとても甘くジューシーで大変美味なものです。
多くは、知り合いへの入院患者へのお見舞い品として、メロンとその他の果物の盛り合わせセット、あるいはメロン一個単品で贈られることがあります。

 

マスクメロンにも色々とランクがあるようです。
大体は一個丸ごと1万円程度のお値段がします。
一万円以上はします。
インターネット通販で注文すれば、価格プラス送料、手数料などでさらに高くなります。


あらゆる果物の値段が高い日本でも、マスクメロンの価格は特に高くなります。
その理由は、マスクメロンの栽培に手間暇がかかることや、栽培というハードルを超えるので希少な果物であるからです。
マスクメロンは高級品として知られていますが、庶民が手の届く値段を設定するとしたら、一個大玉で二千円位が良いです。
一玉で二千円のメロンはスーパーマーケットでも販売されています。
こうした価格のメロンはマスクメロンという種類ではないことが多いです。
マスクメロンの種類はコストをかけて栽培されているためにお値段も高く販売されています。
庶民の食生活では到底メロンは手の届きにくい贅沢品ですが、特に昭和以前に生まれ育っている人には、メロンそのものも、日本の文化では滅多に口にすることができないという高級品になります。


マスクメロンの果実は綺麗なオレンジ色をしています。
見た目にも美しく、誰もが食欲をそそる食べ物です。
マスクメロンをナイフでカットするときから、ジューシーで風味豊かな香りが鼻に漂います。
フォークでメロンをカットしてみると、果実は柔らかく、口に運ぶととろけるように美味です。
素晴らしいところは、香り、味、食感全てです。
他のメロンと比較した場合にマスクメロンの食味は最高という印象を受けます。
メロンはウリ科の果物です。
ウリ科にはかぼちゃ、きゅうりがあります。
ウリという果物もありますが、マスクメロンの果実の柔らかい食味と比べると比較になりにくいほどです。
また、マスクメロンは見栄えもよく、果実の色味がとても美しいのです。
ウリ科の果物と比べると圧倒的に美味である、見た目に良い、という違いがあります。
人間からすれば種の部位は一部に集中しており、果実が食べやすいという特徴を持ちます。
メロンを食べた後に喉の周辺がイガイガとしてしまう。
そのような体感を感じてしまう人もいるそうですが、これはウリ科であるためと考えられているそうです。
マスクメロンは糖度が高く、市場では甘く食べやすい食味ほど価値が高いとされているようです。


マスクメロンを買う時は、贈答品として人へ贈る機会が多くなります。このことは個人の都合ではなく、日本人の生活風習として根付いているのです。
例えば、病気で入院している知人へと贈り物をしたいときにマスクメロンをチョイスするなどです。
普段から購入する時は、メロンなんて贅沢品どうして購入したの?
とスーパーの店員さんに思われたり、家族に聞かれたりしてしまいます。
ですから、マスクメロンを食べるときには、カットメロンのパック商品数百円を選んで買うことが多いです。
パック商品のカットメロンであればさほどお金を貯めずに買うことができます。
どうしても一個分のメロンを購入したいときには、お給料日に買うようにします。一万円以上するものは、お給料から貯金した一年分くらいの期間で貯めています。そこまでしてもマスクメロン一個は高級品扱いです。