高くても食べたくなってしまう鰻の蒲焼


高くても定期的に食べたくなってしまう食べ物は鰻の蒲焼です。それは土用の丑の季節前後であればスーパーで買える確率が高いですが鰻専門の販売店鰻屋で食べることが圧倒的にお勧めです。鰻を開いて炭火焼き、タレにつけてまた焼き、を繰り返したものを同じたれをかけたご飯の上にのせて食べます。お店で食べる場合鰻重と言います。開いて並べた時に鰻重の重箱にピッタリまたはちょっとはみ出る位のサイズの鰻は大きい部類です。ご褒美的な存在なので特別な日に食べます。季節で一番多いのは夏です。



大きさによりますが私が最も好きなお店の鰻重の価格はだいたい3000円くらいです。スーパーで売っている鰻の蒲焼は1000円以下のものもあります。



3000円は一つの食事にかける金額としては高いと感じています。出来れば2000円くらいで鰻の蒲焼をお店で食べたいです。お店によってはそのような価格でも蒲焼を食べられることは知っていますが、鰻を仕入れるのにお金が結構かかることを聞いているため価格を下げるために量や何かを減らすことになるそうです。そのために小さくなった鰻を見たときに寂しく思ったので私の好きな鰻重の価値は3000円で大きさを維持していて適正価格だと思っています。



職人が焼く鰻は素人が焼く鰻とは全く違い、香ばしさとふっくら加減が絶妙です。関西風と関東風があるらしいのでふっくらさせない地方もあるらしいですが、タレの味とさばき方、焼き方が上手な職人さんが作った鰻の蒲焼はまさにほっぺたが落ちる感覚になる美味しさです。そのような理由から鰻の蒲焼は必ず調理が上手でタレがおいしいお店で食べるようにしています。高価なので出来る限りおいしく食べたいからです。スーパーで売っている鰻を自分で焼いて食べても結局美味しいのですが違いは歴然です。専門店の鰻を買って、焼き方を教わって調理すると若干お店の味に近づきます。蒲焼は鰻ではなくなまずでも食べられますが食感が全く違うので鰻のほうが食べやすい味です。鰻は亜鉛が豊富なので鰻の蒲焼を食べることは体力をつけるためでもあります。



夏に向けて一年かけて小銭で鰻貯金をしています。臨時の小銭収入があるときも鰻貯金に回ります。この貯金はあくまでも小銭で行います。こうすると何故かご褒美感が増すからです。おつりで貯めるのが丁度よいです。家族が小銭の管理をきちんとしていないのでそのへんに落ちていることが多いため拾って鰻貯金箱に回収することもあります。そして小銭を大切にすることでごちそうが食べられる達成感を実感してもらっています。

 

あと、最近チャットレディのアルバイトを始めたのでそれでも少し稼げています。

大手のチャットレディなら稼げるのでけっこういい感じですよ。